ネットで稼ぐコツは、好きな事をやることにあります。

ネットで稼ぐコツはいくつもありますが、その中で一番大切なコツは、稼げる仕事でなく好きな仕事をやることです。これはどういうことかと言いますと、稼げる仕事をいやいややっても大して稼ぎはのびませんが、好きな仕事を趣味の延長線上でやると、稼ぎを増やすことが出来るという事です。

例えば、アフィリエイトの仕事で稼ぐ場合、何よりも大切なのは商品に対する情熱です。

このゲームを売るなら、「このゲームはこういうゲームで、こういった点が特徴です」とただゲームの説明をするより、「このゲームはこの点が実に面白い、このキャラクターはこういう点が実に魅力的ですばらしい、この世界観は~」と自分の主観を丸出しにしながら熱く語るほうがうけます。その熱さを見て、「これ面白そうだから買ってみようか」と商品を購入する人が出てくるのです。

ネットではないリアルの仕事の場合、大切なのはそつなくこなすことと相手に嫌われないことです。

しかしネットでの仕事は違います。ファンを増やすことがネットで稼ぐコツなのです。なので100人いれば100人がなんとも思わないような仕事の仕方より、100人いれば80人に嫌われるか無視されるが20人のファンが出来る仕事の仕方のほうが、ネットでは稼げるのです。なので先ほどのアフィリエイトの仕事なら、普通の人にひかれるくらいの情熱を持って書き込みをした方が、固定ファンがつきやすく、結果稼げることになるのです。

ですが、情熱のある書き込みは、本当に自分が好きな分野でしか出来ません。だから、ネットで稼ぐには好きな事をやるのがその近道になるのです。これがネットで稼ぐコツです。

ちなみにこのネットで稼ぐコツは、アフィリエイトだけでなく他の仕事でも当てはまります。

例えばクラウドソーシングでのライティングの仕事なら、専門的で情熱的な記事が書ける人は稼ぎがいいですし、(つまり自分の好きな事を上手く記事に出来る人は稼げるという事です)他にも、専門分野を上手く生かしてネット副業で稼いでいる人がたくさんいます。

そんな彼らが稼げる理由はただひとつ、それは好きな事を仕事にしているからなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ